FC2ブログ

World under the sea

ダイビングと日常のブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海月誕生まで~妊婦生活編①~



東京のアパートから近くの産婦人科までは徒歩で15分ちょっとの距離にありました。
初めて妊婦としての産婦人科へ!
浮足立った足取りで産婦人科へ受診♪
まずは尿検査。そのあと内診で超音波検査をしてもらう・・・
ところが先生が、「尿検査で妊娠している判定が出ているので妊娠はしているんだけど・・・
赤ちゃんの胎のう(最初に見える赤ちゃんを包んでいる袋)が見えないねぇ・・・・。」
が:「??」
先生:「多分、受診に来てくれたけどまだ赤ちゃんは小さ過ぎて見えないんだと思う。
それ以外の原因だとしたら異所性妊娠(いわゆる子宮外妊娠の事)の可能性もあるんだけど・・・
まぁ、見えてないだけだと思うからまた2週間後に来てね!」
これから私の不安な日々が始まります。
やっと授かったのに子宮外妊娠だったらどうしよう・・・。不安で仕方なかった2週間。
・・・2週間後の再診で無事に胎のう1.5cmを確認!
これで安心出来たと思ったのですが、
先生:「まだ、心拍の確認が出来てないからね~それまでは安心できないよ。次も2週間後に来てね。
心拍の確認が出来るくらい大きくなっていると思うから。」
先生・・・心配性な私にそんな言葉を掛けるなんてっ!!
これからまた2週間不安な毎日を送ることに。。。
受診予定日の3日前からトイレに行くと少量の茶色いオリモノが出るようになりました。
赤ちゃんはちゃんと生きているのだろうか??!さらに不安が募る。
そして、受診の日。
先生に茶オリの事を伝えると「それは心配だね~、赤ちゃん診てみましょう。」
超音波で写るエコー画像には。。。。
まだ1cmくらいしかない胎児の小さな小さな心臓がピコピコピコピコと強く速く動いていました。
とても感動しました。
この頃は胎芽と呼ばれ卵黄嚢があって魚みたいな時期。
人間らしい体つきはまだ備わっていないのですが、そんな我が子をすごく愛おしく感じていました。
先生:「元気だね~オリモノの件は経過を見て貰って。あとは母子手帳を区役所で貰ってきて欲しいからこの後説明するね。」
嬉しくて、病院の帰り道にさっそく母子手帳を貰いに行きました。
茶色のオリモノはこの2日後に止まりました。多分、前回の生理の時の残りが出てきたという事のようです。
それからも時々、心拍が止まっていたらどうしようとか考えてしまう日もありました。
でも、定期検診へ行けば元気で順調にぐんぐん大きくなっている姿が見られ毎回ホっとする。
成長を見るのが楽しみでした。
しかしそんな事を考える余裕がなくなるくらいの難関が私には待ち受けていたのです。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。