FC2ブログ

World under the sea

ダイビングと日常のブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行①


1月中旬に夫と3泊4日の京都旅行へ行って参りました
東京に居るうちに行っておこう!という事で。。。

午前、京都駅に到着してホテルに荷物を預けてから
早速、二条城へ!

1600年の関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康は京都にあがるときの宿所として、二条城を創建しました。
1601年着手、3年後の1603年に完成しました。←現在の二の丸部分
(1626年に家光により大改造され、本丸・二の丸・天守が完成し現在の規模となる )
幕府は二条城と呼んでいましたが、朝廷は二条亭と呼んでいたそうです

幕末に15代将軍慶喜がここで大政奉還を行った事で有名ですね

京都到着して最初の観光♪
楽しみにしていたら、なんと休館!!!
年中無休だと思っていたら・・・1、7、8、12月の火曜はお休みなんだそうです!
残念っっ

で、二日目にリベンジ(笑)

只今、二条城は約20年掛けての本格修理工事中です。
私が行った時はメインの入口である東大手門が工事中で北大手門から入館しました
見学したのは二の丸御殿です
本丸は非公開です

DSC_2671.jpg

この日は小雨が降っていたので撮影したのは二の丸御殿の入り口のみ
それに城内は撮影禁止です

今回の旅はなるべく軽装備にしたかったので
私のカメラはゴツくて重いからお留守番
私のよりは多少ですがコンパクトで軽い夫のD7000がお供でした
同じNikonだからレンズが共有できて便利です(笑)
だけど、同じメーカーといっても仕様が異なり・・・ボタンの位置や操作も違うのでちょっとぎこちなかったです


二の丸御殿は全33室800畳で武家風書院造
狩野派による障壁画はとても見事です!
注目は欄間彫刻
ふすまと天井の間にある飾りのようなものなんですけど
厚さ35cm以上の桧の一枚板に表と裏が違う柄で彫られています
孔雀と牡丹の素晴らしい彫刻なので是非注目して欲しいです

あとは敷地内にある展示収蔵館も立ち寄った方がいいです
別途100円の入館料必要です
重要文化財の指定を受けている障壁画を恒久的に保存するため、平成17年10月にオープンしたそうです
シンプルな展示室ですが、入ると二の丸御殿の実際の配置そのままで障壁画を鑑賞することができるようになっています
その他にも二の丸御殿障壁画に関する資料やかざり金具、城内から発掘された埋蔵文化財も展示してありました




二条城を後にしてすぐ近くに神泉苑があります
神泉苑は794年の平安時代に設立。
元々は天皇家ゆかりの庭園だったそうです

DSC_2339.jpg

神泉苑の池には古来より龍神伝説が伝わっており、
この法成橋は一生に一度の願い事を念じて渡ると必ず叶うという強力なパワースポットなのだそうです

かつては二条城をも神泉苑の敷地だったという程
大きな敷地を持っていたようですが、
現在は小さくてこじんまりとした庭園っていう感じです

二条城の後はこのパワースポットで願い事っていうプランがおすすめですね

DSC_2345.jpg


つづく。。。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。